企業理念・代表挨拶

企業理念企業理念

「常に真価を見極め、常に実現できる企業であり続ける」

これを企業理念とし、業界を取り巻く環境がいかに大きく変化しようとも、最先端の技術力をもって臨機応変にあくなき挑戦を続け、『金融系システム開発のプロフェッショナル』を目指していきます。

代表挨拶 金融ITが創造するリアルな世界へ代表挨拶 金融ITが創造するリアルな世界へ

人々のくらしに役立つ
”旬”な金融サービスを提供

アイ・ティ・リアライズは、これまで証券を中心とした金融系システムのスペシャリストとして、ビジネスコンサルティングや要件定義といった上流工程から開発・運用まで一貫して行う「トータルソリューションサービス」を金融機関様向けに提供してまいりました。
設立から8年間、パッケージ製品の自社開発やオープンソースを活用したシステム開発、更に万全のアフターフォロー等、案件を一貫して手掛けることでクライアントからの信頼を獲得し、安定した経営基盤を築き上げることができました。

そして2015年、これまでサードパーティの立ち位置で培った金融系システム開発のノウハウと資産をベースに、自社サービスとして個人向け金融サービスアプリの開発にチャレンジいたしました。

「金融を身近に、簡単に、もっと便利に!」をポリシーに、個人向け金融の拡充を目指した旬なサービスを順次公開していく予定です。
私が15年間以上、身を置いているこの「IT×金融」というフィールドは、世の中に必要なものだと理解はされるものの、堅苦しく難しそうで、個人の生活とは程遠いところに存在する世界として語られがちです。
「必要なのに、程遠い?・・・もったいない!」そう感じています。

ITのチカラで難しい部分をシンプルに。遠い存在は新しい発想で身近に。そのような金融サービスを作りたい。

アイ・ティ・リアライズは、ITで膨大なデータをまとめ、難しいロジックをシンプルに変換するチカラを最大限活かしていきます。

今後は「IT×金融」にだけフォーカスするのではなく、「IT×金融×異業種」という組み合わせで、個人にもっと伝わる方法を柔軟に発想転換し模索していきます。
ダイバーシティ(多様性)を積極的に受け入れ、変革する社会のニーズやトレンドに適応し、新しいアイデアや個性を組み合わせることで、固定概念化された既存サービスに風穴をあけたいと意気込んでいます。

私たちの生み出すサービスが人々のくらしに役立ち、オンライン(IT)がオフライン(Real)を補完し、金融が個人にとってより身近になる世界を目指してまいります。

サインサイン

代表取締役プロフィール

尾上 正憲(おのえ まさのり)
1974年3月横浜生まれ。
東京工業大学経営工学専攻修了後、金融系システムインテグレータへ入社。
数多くの金融機関向け取引システム開発案件に従事。
ネット専業証券会社を経て、2007年金融機関向けシステム開発に特化した
アイ・ティ・リアライズ株式会社を設立し、同社代表取締役に就任。

■主なシステム開発実績

【2014年】
アカウントアグリゲーション家計簿アプリ(iPhone/Android)
【2013年】
ファンド販売システム(パッケージ製品)
【2012年】
外国証券バックオフィスシステム(パッケージ製品)
【2011年】
海外指数先物取引システム(パッケージ製品)
【2010年】
中国株自動発注用クライアントツール
【2009年】
ベトナム株インターネット取引システム[日本初]
【2007年】
タイ株インターネット取引システム[日本初]
【2006年】
中国株モバイル(ケータイ電話)取引システム[日本初]
【2001年】
コーポレートアクション情報提供システム(証券取引所)
【2000年】
インターネットバンキングシステム(都市銀行・投資信託)